中国語 | 英文 | 韓国語

 
 
観光地区の紹介
 

 九女仙湖観光地は沁河と長河の合流点にあり、東の晋城市まで30キロ、西の陽城県まで20キロ、北はアジア最大の火力発電会社「陽城国際発電有限公司」の所在地である北留鎮まで7キロで、晋城市の重要な自然景色観光地の一つである。 


    九女仙湖の名前は陽城古代の八大景色の一つである「九女仙台」と山西省最大の湖である「延川泉」が貯水した湖の両方に由来している。主体景観は沁河を遮断したダムによって形成された湖であり、その長さが十数キロで、総面積が13平方キロである。 
   観光地は至る所に名所があり、歩けば、俗塵を離れた感じがする。湖にそびえ立つ砥柱のような九女仙台。形が甕のようで、深さが推し測れない「海の目」と称される黒竜潭。雲が立ち霞がたなびくほど険しい懸崖にある白雲洞と娘々廟(女神を祭る社、子授けの功徳があるという)。尖担印、三面锣、三圪堆、牛皮洞などの文化遺跡がある。胸のハラハラするような谷川のカヌーくだり。雲嶺の絶壁に挑戦する山登り。さらに雪のような滝が飛び散る杜河のダム、空高く架けられた鉄道橋などがある。
   その中に身を置くと、目の前にきらきらと輝く波、見渡す限り果てしのない碧水である。耳には不思議な伝説が聞こえ、さまざまな思いをはせさせられる。足もとにモーターボートが軽快に波をけたてて進む。身の回りに険しい崖が対峙し、柳暗花明の風景である。時に幽幽なる洞窟、時に恬然な芳洲、時に整然と並んでいる田舎の家屋、時に銀を流すような滝。群れの紅葉はあたかも神様のかいた絵の如く、悠々なる魚釣りはまるで巨匠が詩をつくるようだ。漁民は悠々自適、山の歌は豪快でまとわりつく。水のすがすがしい香りが、風向き次第で漂い、こころもゆったりとし、よい気持ちになり、憂鬱感も和らぐ。知らずにそのなかに浸り、俗世間のことも忘れる。

版権所有2008-2014?国家級の観光地区AAAAA皇城の相府生態文化の観光地の観光地区の住所:山西省陽城県北留